当院での診療の流れ

1. 予約する


 まず、以下のメールフォームでご連絡ください。

 メールで相談の上、受診日を決めます。

 受診日が決まると、問診票をメールで送りますので、手書きでご記入の上、当院まで余裕を持って郵送してください(受診日前日必着)。


 ※ 現在のところ、木曜日の午前中のみ初診を受け付けています。
    予約の変更やキャンセルは3日前までにお願いします。

   お問い合わせもこのメールフォームでお気軽にお寄せください。

メモ: * は入力必須項目です

2. 診察をうける


 初診の時には、今一番気になっていることを中心に、自由に話して頂きます。その過程で、いろんな症状の根底にある「思い込み」や、さらにその奥にあるものを一緒に見つめる作業をします。

 

 その人の根底にある「癒やされるべきもの」に焦点を絞って、1つのレメディを選択します。その人を深く理解できるほど、そこに働きかけることで深い治癒が得られます。

 

 一見病気と関係ないと思われることもお尋ねしますが、病気だけではなく、本人がどういう人かというのも大切な情報になるからです。

 

 もちろん話したくないことは話さなくても構いませんし、答えたくない質問には答える必要はありません。ただ、お話し頂いた内容からレメディを選択するので、重要な情報が欠けていると、間違ったレメディを選んでしまう可能性が高くなります。気になることは無理のない範囲で全てお話し頂ければ幸いです。もちろんお話し頂いた内容については守秘義務を遵守します。

 

 他の人にはないようなユニークなところや特徴的なことは極めて重要です。こんな事をいったら笑われると思うようなことが、むしろレメディ選択の決め手になることもよくあります。

3. レメディが郵送される


 診察後、すぐにレメディをお渡しできれば一番良いのですが、正確を期するために数日から1週間お時間をいただいて、お話しいただいた内容をもとに検討します。

 

 レメディが手元にある場合は、レメディが決まった時点でご自宅に郵送します。海外に発注しなければならない場合は2~3週間お待ちいただく必要がある場合があります。

4. レメディを服用する


 指示に従ってレメディを服用します。

 服用してから、これまでと何か違うことを感じたら、どんな些細な事でもメモしておきます。

5. 1~2週間後に経過をメールで報告する


 レメディを服用してから1~2週間後に経過をメールで報告していただきます。その時の様子をうかがって、再診の予定を立てます。

6. 再 診


 通常はレメディを服用して4~6週間後に再診を予定します。

 通常、2回目以降の再診の予定は、症状が安定するまでは4~6週間後に予定します。

 症状が安定すれば、半年~1年後に予定するか、何か問題があった時に来てもらうことにして、定期的な通院は一旦終了とします。

 

 

◎ お読みください


※ その人の根本体質レメディが初回からすぐに見つかるとは限りません。何回目かの診察時にふと漏らした言葉がきっかけで見つかることもよくあります。

 

 また、治療にかかる期間や治療への反応の仕方には大きな個人差があります。

 

 症状が改善しない場合には、違うアプローチを用いる場合もあります。

 

 しばらく効果がないように感じてもすぐに治療を止めず、根気強く治療を続けられることをお勧めします。たとえ時間がかかってもその人の状態に適したレメディが見つかると状況は確実に好転します。