海外のホメオパシー事情


 ホメオパシーは世界各国で保険診療が認められています。イギリスの皇室の主治医がホメオパス(ホメオパシーの専門家)なのは有名です。エリザベス女王がご高齢であるにもかかわらず、とてもお元気に過ごされているのは、彼女の筆頭主治医がホメオパスであることも理由の1つです。イギリスには5つのホメオパシー専門の病院があって、数百人のホメオパスがいます。ドイツでは医者の10%がホメオパスです。フランスでは全ての薬科大学でホメオパシーが教えられています。
 
 アジアでもインド、パキスタン、スリランカで広く受け入れられていて、特にインドにはアーユルベーダ・ホメオパシー省があり、インド政府は西洋医学の大学と同じ地位と認可をホメオパシーの大学に与えています。高価な医療機器や薬のないインドの貧困地帯では安く、しかも効果のあるホメオパシーは必須だというのが主な理由のようです。
 
 2015年にインドのモディ首相が言いました。
「優れた医師たちはみんなホメオパシーの方へ向かっています。それはホリスティックなケアの気運の高まりです。それは、ストレスのある生活ではなく、ストレスがより少ない生活をもたらすでしょう。」
"All good doctors are turning into homeopathy. It is a mood of holistic care. It won't go to stressful life, but less stressful life."
 
 世界的に見ると、ホメオパシーは西洋医学に次いで、2番目の規模を持つ治療体系です。日本国内では漢方や鍼灸などはよく知られていますが、残念ながらホメオパシーについてはまだ十分に認知されていません。